BLOG ブログ

不動産を購入するならマンション派戸建て派?どっちがいい?

貴方の現在のお住まいは持ち家ですか?借りているのですか?どちらがいいのでしょうか?これはずっと言われている事ですが。ちょっと検証してみましょうか?

先ずは、マンション購入を前提でとメリットとデメリットを考えてみよう

マンションと言っても最近は普通の10階程度のマンションとタワーマンションがありますね。
普通のマンション(ここで言う普通のマンションとは、大規模修繕の際、マンション全体に足場を掛けて修繕する事が可能である大きさのマンションを指します)ですと、タワーマンションに比べ管理費や修繕積立金の金額も低く、中にはちゃんと駐車場が整備されているマンションもありますので、生活の利便性は高いと思います。

しかし、金銭面でなかなか所有者にならないと見えないものが管理費の中身。
例えば、都心で土地代が高価なのでなかなか土地が広く取れず、駐車場を確保出来ない場合、機械式の駐車場を設置しているマンションがありますね。気にしていると見かけると思います。
この、機械式の駐車場、常に利用出来るようにしておくのにメンテナンス費用が結構、掛かるものなのです。理想を言えば、平置きの立体駐車場で、機械式の物ではない方がコストは低いです。
機械式駐車場の大規模修繕になると、区分所有者(マンションを所有している人)が、持っているお部屋の広さに按分して費用負担分が勝手に請求されてしまうケースもあると思います

もともと、この修繕積立金は、大規模修繕の為の積立金です。ですから、目的の趣旨には合っているのですが、車を持たない区分所有者にとっては、この機械式駐車場は、ただの金食い虫となってしまう訳です。ですから、この機械式駐車場は、繁華街であれば尚更、修理や維持費がどの程度かかっているのか?は少し気にされた方が良いかもしれません。
これがタワーマンションとなると、駐車場が地下にあるなんて事は、然程珍しく無いと思いますが、地下になるとメンテナンスも時間を作業性の悪さから必要以上に掛かってしまったり、豪雨時には、排水をしっかりしないと車が水没してしまうので、ある程度の設備費用が嵩んでしまったりは、止むを得ません。最悪、自分の乗用車が水没なんて、悲しすぎます。でも、停電してしまって、自家発電設備が無く、地下の駐車場の排水が止まってしまったら、その様な事態も、想定外ではなくなってしまうと思われます。昨今の異常気象は、一昔、二昔前は想定外の雨量ですからね。不動産の売買の取引の際は、ハザードマップと言う水害想定状況を買主様への報告義務が最近、課されてしまったくらいですから。普通のマンションですと、タワーマンション程ではないですが、機械式駐車場は別途の費用が嵩んでしまいます。

タワーマンションや通常のマンションを問わず、大規模修繕の際、修繕積立金が不足事態に陥ることも十分想定出来ます。
修繕積立金が不足している場合、総会(※)で決議されますと、一時的に追加で修繕積立金を徴収されることもあります。
他に、管理組合が銀行等から借り入れしたり、幾つかの方法はあるのですが、大規模修繕が急がれる場合は、手当てをしないと資産価値が下がってしまいかねません。


デメリットばかりを並べてしまいましたが、勿論メリットだってあります。

マンションのメリットは何と言っても『立地』。これに尽きます。
価格帯で調べれば、一目瞭然。マンションを購入しようとした場合、同様の戸建てを購入しようとすると、同等の価格で購入できる戸建ては、あるでしょうか?結構厳しいですよ。
もう一つ、『眺望』もマンションの最大のメリットですよ。高層階に住もうと思ったら、購入価格で高さ〇〇メートルの眺望を経験する事は出来ないです。他の方が居て、下層階の人々も同様に購入しているから、上層階の眺望が手に入るのです。まさにステータスとなりますね。
他にも、近年はご年配の方に好まれるようです。ワンフロア-で過ごす事が出来て、バリアフリーとなっている為です。エレベーター等利用すれば、足腰弱いお年寄りには、苦手な階段も、避けられます。あとは、先程申した、異常気象の際の建物の丈夫さです。台風が来ようが地震が来ようが、びくともしないでしょう。日本の建築技術の高さは世界でも知られています。ちょっとやそっとじゃ倒壊なんてしないでしょう。強いて言えば天敵は、停電でしょうか。それだって、キチンとした自家発電装置などあって、エレベーター等も停電時に稼働していれば、文句はありませんものね。それこそ、最強ではないでしょうか。


※ 総会とは、マンションを管理している管理組合と言う組織(理事長及び理事、監事などが区分所有者より選任されます)があるのですが、その組織により、この組合が最低1年に一度マンションの管理・維持や組合費の支出についての会議を言います。この会議を総会と言います。総会を開いた時に、マンションの所有者は出席して、自分の意見を述べる事が出来るのです。そして、その意見等は、皆さんの多数決にて管理組合の方針や方向が定まっていくのです。

一戸建てを購入前提でメリットデメリットを考えてみよう。

マンションの事を色々とお話してきましたが、戸建ては、好きな時に自由に自分仕様に出来ると言う事が最大のメリットだと思います。
土地が自分の物と言う事は、ある程度(法の範囲で)自分の自由に弄ることができます。(細かい事を言えば、建築や増築等をする時には確認や申請が必要なケースもありますが)

マンションの場合ですと、壁で仕切られた自分の専用のスペース(専有部分と言います)の中であれば、自由勝手に利用、仕様に出来ますが、壁に釘を打つ事は出来ません。
壁は、共用部分(マンション所有者みんなの物なのでみんなの同意が必要となるのです)ですから、むやみやたらと共用部分には手を入れられないのです。
それに比べて戸建でしたら、物置を庭に置いたり、子供の遊び場を庭に置いたり、はたまたプールを設置したり、芸能人のひろみさんみたいにジャグジーを設置しても自由です。戸建てでしたら、リフォームは相当自由に出来るのです。これが、一番の魅力だと思います。

また、庭でバーベキューをしたりも出来ます。しかし、マンションでは規約の確認が必要ですが、バーベキューなどは大きいルーフバルコニーがあるお部屋でも禁止されている事があります。ですから、自分のスペース(専有部分)だからと言って、好き勝手に利用出来る訳ではないのです。

また、土地が広ければガレージを建てたりも出来ます。予算が合えば、しっかりしたRC(鉄筋コンクリート造)の家を建てる事も可能です。
誰もが皆、予算が無限にある訳では無いので、何を優先するかはじっくり考慮しないといけませんが、戸建ては戸建てでよいところがあります。

戸建てですと、気を付けたいのは災害ですね。これは怖いです。平屋建てだと、地域によっては水没する可能性も0ではありませんから。昨今の災害は本当に怖いです。これに対抗するには、火災保険に加入する程度ですので、購入代金総てを賄う事は到底出来ません。また、一度そのように水害のイメージがついてしまった土地は、地価も下落傾向にあるため、購入時と同等の価格での売却は非常に厳しいと言わざるを得ません。ですから、購入前には、土地を観察する事が大切だと思います。

他にメリットと言うと駐車場でしょうか。戸建てですと、駐車場付きが一般的です。勿論中には駐車場が無いものもありますが。この駐車場、月額の賃料にすると場所によっては結構侮れません。例えば、住宅ローンを35年組むとしましょう。月額8,000円の駐車場を借りますと、35年で336万円にもなります。
マンションですと、車を買えば殆どが駐車場は借りないといけません。借りる先は、管理組合からお借りしたり、近隣で探したりするのですが、マンションによっては、数年おきに一番優位な位置にある駐車場を求めてシャッフルくじ引きをする所もあります。中には、駐車場を専有部分として取り扱うマンションもあります。その場合は、その位置固定で自分専用の駐車場になります。(以前はこのマンションの駐車場は他の人に貸す事が出来ますよ。なんて謳い文句で、販売活動をしていた不動産屋さんがいました)

それと、戸建ですとマンションに比べて管理費や修繕積立金は、掛かりません。その代わり自分でキチンとお家の管理をしないといけません。ご自身でDIYも良いでしょうし、業者さんに依頼して修繕や維持の為の手入れをされていくのも良いでしょうし。

マンションですと、定期的に開かれる総会と言うものがあります。しかし、戸建ですとこの総会などもありません。その代わり地域・土地によって自治会等ありますし、その土地の文化により近隣住民とはある程度の交流も必要と思われます。

あとは、このコロナ禍の影響で、戸建ての不動産は売れているそうですね。各社在庫物件が減少しているようです。マンションは、複数の人が生活していますので、疫病などの場合見えない敵がどこに潜んでいるのか解らないので、みなさん敏感になるのは致し方ないのかもしれません。

色々とお話してきましたが、最終的に決断するのはみな各々個人で、お客さまが決断する事です。その決断する一つの材料になればと思い私の思うところをお話させて頂きました。何が良いと言う事は、人各々だと思いますので、その判断材料の一つになれば、幸いで御座います。長文、お付き合い有難う御座いました。

当社では、お客様の立場に立って、色々とご相談・ご提案させて頂いております。こんごとも、どうぞよろしくお願い致します。